「痛みを味方につける」と、こんな書き方をすると、

なんだか、痛みを我慢しなくちゃいけないみたいな

イメージが悪く感じるかもしれませんが、

痛みって、単なる悪者ではなく、

自分の身体のいろんなことを教えてくれるサインだよ

っていうのを教えてくださったのが、

整体師でもある、梅田先生。

スクールの心身相関の専任講師です。

癒し系とかを飛び越えて、私には神様的存在でもあるんです。

フォローアップ、午前中実技の後の午後からの風景。

ちょっと遠くからでわかりにくいかもしれませんが、

立ってお話ししているのが、梅田先生。

代表講師の松木先生は、梅田先生に出逢ってから

人生がどんどん楽しく、

しかも気持ちが楽になったとおっしゃっていて、

梅田先生のかもしだす全てを

【ウメオエッセンス】って、呼んでいます。

そして、ウメオエッセンスのシャワーを浴びている、私たち。

でも、この時、かなり眠気きてます。笑

話がつまらなくて眠いんじゃなくて、

先生の声にさえも癒されて、眠気がピークに 笑

けど、そんな眠たさの中でも心にずっしり入ってくるお話。

普段、私たちが敵とも思っている、

「痛み」や「交感神経」をお友達にしてくれました。

じゃあ、どうやってお友達にするのか?

お客様にどうやってお友達になっていただくのか?

実際に先生がお手本を見せてくださいました。

これ、ほんとすごいんです。

お顔に先生の手が乗ると、

ホットマスクを当てたかのように温かい。

電気が流れているかと思うほどに。

先生の整体を受けた時に私、実感しているので

よーく知ってるんです。

このモデルさん、事前に左右体を捻って、

捻りやすい方と捻りにくい方を確認していたのですが、

横になって、先生がお顔に手を当てただけで、

起きて再び捻ってみると、左右差がなくなっているという

すご技、神技なのです!

それを私たちが先生と同じようにするっていうのは

無理な話なんですが、

要するにどうすれば状態が良くなるかっていうのは、

痛いことをしても、確かに良くなるかもしれないけれど、

痛くない施術でも状態を良くすることって可能だということ。

整顔でも同じ。

無理やり力を入れなくても、お顔はスッキリするし、小さくもなる。

更に、姿勢まで良くなる!

なのに、すごく体が楽チン。

お客様はすでに、痛かったり辛かったりしているのだから、

更に辛い思いをさせる必要があるのかどうなのか。

「痛みを味方につける」

というのは、楽になった時に初めて、

痛みは味方になってくれるんだっていうこと。

その楽さを知っていただく。

痛みは身体からの何かのサインなんだっていうこと。

痛みをきちんと受け入れていただけるように、

施術する側がやらなくてはならないこと、

たくさんの勉強をさせていただきました。

長くなりますが、最後に、先生方、受講者の方達とのアップ♡

左の白いユニフォーム着て、ガッツポーズの谷先生。

その隣の隣、黒いユニフォームの代表講師の松木先生。

前列中央の梅田先生。

ちなみに私は前列右端、オレンジ色の服着てます。笑

みなさん涼しげ〜に見えますが、

ウメオエッセンス浴びて、逆に熱気ムンムンなのでしたー。

終。