ここ最近になって、セミが元気よく鳴いていて、関西も梅雨明け間近を感じさせています。例年に比べると梅雨時期が意外と涼しくて、リビングのエアコンを使うことがなかったのですが、そろそろ試運転をしておかなきゃとスイッチをいれたら、、なんかおかしい。点滅がピカピカして冷気が出てこない。これはもしや??メーカーに問い合わせて操作を色々試した結果、やはり故障していました(涙)部品も廃盤になってしまい、修理もほぼ不可能。もう15年以上頑張ってくれていたので、これはしょうがないのですが、この時期は同じような家庭が多いらしく、エアコンの取り付けが混み合っていて、最短で10日後に設置とのこと。で、今日で取り付けまであと2日となり、もうちょっとの我慢。。リビングに壁掛けの扇風機をつけていますが、今やフル稼働!普通の扇風機も1台、ブンブン回しています。結構、涼しいんですけどね、室内30度を越えると、風もムッとして、不快感が〜。エアコンって本当にありがたいですね。

今の時代、ないと熱中症を起こす可能性もあるくらい気温の上昇が著しく、エアコンはどの地域でも必要家電になっています。ただ、ずっと空調に当たる生活をしていると、本来この時期にかく汗の量が少なくなり、汗で熱を下げる機能が弱まり、体温調節が自分自身でできにくい身体になってしまいます。思っているより意図的に身体を冷やしているので、体内の循環も悪くなります。暑くないと喉の渇きにも気づきにくいので、さらに血液がドロドロになりやすく、脳梗塞や心筋梗塞、脳卒中なども引き起こしやすい体内環境になっています。なので、できるだけ意識的に水分補給をするように心がけましょう。できるだけ、加糖を控え、ノンカフェイン、冷たすぎないドリンクがおすすめです。コーヒーなどはもともと体温を下げる作用のあることと、体内の水分も奪いやすく利尿作用があるので、飲み過ぎには要注意。脱水症状を引き起こす原因ともなります。ですが、ポリフェノールも摂取できるので、1日2杯程度の適度な量は問題ありません。水分の取り方も生活スタイルに合わせて工夫しながら、エアコンも上手に活用して、元気に夏を過ごしてくださいね。